CENTRAL PERK

centralper.exblog.jp


お気楽ハッピーライフ?!
by n-donald
プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

最新のトラックバック

ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
C1OuU6o3いいです..
from C1OuU6o3大乱交スマッ..
SsEL6X93いやマヂ..
from SsEL6X93くれくれ厨
Buy ultram c..
from Buy ultram.
xXyzUkFKディープ..
from xXyzUkFKハメ次郎

カテゴリ

b0008303_235260.jpg
スチュは舌で相手を丸め込み、次々と契約を成立させる、自称一流のパブリシスト。
そこで彼はおもむろに結婚指輪をはずすと、クライアントである新進女優・パメラに誘いの電話をかける。
そう、彼はパメラを手に入れようと、毎日のように公衆電話から彼女に電話していたのだ。
「あなた宛に支払い済みのピザが届いていています」とピザを渡す配達人を乱暴に追い払う。
とそこに公衆電話が鳴り反射的に受話器を取った彼に、電話の主はピザ屋に対する態度の無礼さを一喝し、彼の傲慢さを非難しはじめる。
なにがなんだかわからなかったが、次第にこの電話の主が自分の私生活に詳しく、かつライフルで自分を狙っていることを理解する。
一体犯人の要求はなんなのか。
「電話を切ったら殺す」というこの状況の中、スチュがとった行動は…。

カット割がいい。
電話ボックスのなかだけでストーリーがすすんでいくのが新鮮。

[PR]

b0008303_17411366.jpg
ある日、寄席の客席に、丸刈りの怪しい男が。
その男は、アマチュア落語のチャンピオンで評論家気取りの、ジャンプ亭ジャンプこと、淡島ゆきお。
淡島は、落語マニアの間でも一目おかれる実力の持ち主で、先日、そば辰で、虎児の落語を批判。
廃業した竜二の落語までこきおろした。
その淡島が、なんとどん兵衛に弟子入りを志願!
理由を聞くと、師匠とは一番キャラが被らず、弟子もパッとしないから出世も早いのでは、という。
そんな挑戦的な態度で、林屋亭一門にとけこもうとしない淡島は、明らかに浮いてしまう。

タイガータイガーじれっタイガー
今週はオープニングが塚本くんで最初からにたにた。

また見直さなきゃ★

[PR]

スープダイエットでもしようかと早速スープを作ってみる。
彼氏にも一緒にやろうとさそったけど、あたしの結果観てからにするーとのこと。

一人か・・・
なんか挫折しそう・・・。
だって隣でおいしいもの食べるなんて。
まぁ、がんばろう。

とりあえずこしょうを入れすぎて辛い。
ひぃ~(><)

[PR]

初めて国立国会図書館へ行った。

ひろぉぉぉぉい。
わ~いわ~い。

どきどきな感じで初利用★
閲覧室も広いっ

充実した時間をすごせました。
やみつきになりそう。

[PR]

b0008303_17273971.jpg
うららかな朝、ガーフィールドは今日もお目覚め。
なかなか起きない飼い主のジョン・アーバックルを力づくで起こし、いつもの1日が始まる。
シャワー中のジョンにいたずらし、朝食はいつでも過剰摂取。
ギャル猫探して外をふらつきながらも、盗み食いのチャンスは逃さない。
しかし、飼い主のジョン・アーバックルが、犬のオーディを家に連れてきたから大変。
大嫌いな犬と暮らすことになったガーフィールドのライフ・スタイルは元気だけがとりえの子犬のオーディによって脅かされていく。

きままなねこライフ。
ちとずるがしこいかな?

[PR]

b0008303_17151353.jpg
友人の神父からの依頼で少女に取り憑いた悪魔を祓いにやってきたコンスタンティン。
しかし、この日はいつもと何かが違っていた。
天国と地獄のバランスが崩れ去ろうとしていたのだ。
そんな時、彼の元に自殺をした双子の姉妹の死の真相を知りたいと女刑事がやってくるのだが…。

ひさしぶりにもう一回観たいなって思えた。
続くのかな的なラスト。
気になる~

[PR]

大学時代の友達の彼女から手紙をもらった。
最近会えなかったから、すごくうれしい★

やっぱりメールよりもなんかあったかいものを感じるなぁ~
久しぶりにすごく会いたくなってしまった。
つのる話もしたいし(笑)

以前の話の感じだと、友達が彼女のこと好きで好きでしょうがないみたいな感じだったなぁ。
ふふふ。
かわいいとこあるなぁ、友達。

話たいことがあるときって嬉しい話か相談話。
嬉しい話だといいんだけど。

あたしもお返事書こ♪

[PR]

b0008303_142561.jpg
東京競馬場新スタントオープンってことで、TIMと波多陽区が来る。
でも何時からかわからないので、お昼すぎに行ってみた。

がが~ん
もうすでにオンスーテジは終了・・・

あたしレッドのあのしゃべりで毎回一人で笑ってたから、生できけると思ってたのに。
ショック。

よしもとのミニライブがちょうどやっていたからそっちを見た。
距離ちかっ!!

やっぱりお笑いいいねいいねいいね♪

競馬の方は彼氏が当ててた。
パドックで見たとききそうな馬ってこないもんだね。
あたしの観る目がないのかな・・・

[PR]

b0008303_21274936.jpg
前回、ラブホテルから出てくる虎児とメグミに、偶然鉢合わせてしまった竜二はショックを隠せない。
その上、虎児にしか興味がなさそうなメグミの様子に、竜二はさらに落ち込むのだった。
一方、どん太と鶴子の間に第二子が誕生。
喜びに沸く谷中家だが、どん太は人知れず悩んでいた。
女性誌の「抱かれたくない男」一位に選ばれて落ち込むどん太に、追い討ちをかけるように、後輩のどん吉の真打ち昇進が決まったのだ。
そのお披露目公演の前座を自ら買って出るどん太だったが、その心中は穏やかではなかった。

今回は塚本君の出番がすくなかったぁ。
でも今回もよかった♪
早く次回観たい。

[PR]

b0008303_22481649.jpg
ワイルドで熱い男、弥次郎兵衛とヤク中の役者、喜多八。
二人はディープに愛し合う恋人同士。
ある日弥次さんが悪夢を見て飛び起きると、喜多さんがうつろな目で注射器片手に震えている。「弥次さん、・・・オイラ、リヤルがとんと分からねえ」。
折りしも長屋にはお伊勢さんからのDMが届く。
「リヤルは当地にあり!」
喜多さんのヤク中を治す為、そしてリアルを探す為、お伊勢さん目指して弥次さんと喜多さんの東海道の旅が今、始まる。

頭からっぽっぽ。
笑える★
テンションがあがっちゃった。
きゃっほ~い

[PR]